2018年3月15日木曜日

高湿度環境のヤマゴケ

 
高湿度環境で育ったヤマゴケです。
 
コロニーの密度が低く毛足が長くフワフワに育っています。
 
逆に、乾燥気味の環境で育ったヤマゴケは、
 
毛足が短く締まっています。
 
用途に応じて使い分けが必要なのですが、
 
テラリウムにはフワフワのタイプが良く合うようです。
 
造園には締まったタイプでないと直ぐに乾燥してしまいます。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿